<尖閣問題>米国が狙う反中国包囲網結成=日本の「降伏」で戦略瓦解も―韓国紙

<尖閣問題>米国が狙う反中国包囲網結成=日本の「降伏」で戦略瓦解も―韓国紙
2010年9月25日、韓国紙・朝鮮日報は記事「日本の『後退』は米国の中国牽制策に影響も」を掲載した。米国が企図していた反中国包囲網戦略は日本の突然の「降伏」で変更を迫られる可能性がある。写真は今年3月、青島市で挙行された海軍新兵入隊式典。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45688">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年9月25日、韓国紙・朝鮮日報は記事「日本の『後退』は米国の中国牽制策に影響も」を掲載した。以下はその抄訳。

24日、日本は中国人船長の釈放を突然発表、米国をばつが悪い状態に陥れた。23日、オバマ米大統領は菅直人首相、温家宝(ウェン・ジアバオ)首相と相次いで会談。尖閣問題が直接取り上げられることはなかったが、菅首相との会談前に「日米同盟は世界の平和と安全にとっては礎の一つ」と話し、日本側を支援する姿勢を示していた。

【その他の写真】

同日、マイケル・マレン米統合参謀本部議長は「私たちは東北アジアの同盟国日本を明確に指示する」と発言。クリントン米国務長官も前原誠司外相との会談で尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲であると言明していた。

急速な経済成長を基盤に東北アジア及び南アジアでの影響力を拡大させている中国。米国は中国への牽制を続けており、中国の軍事力を脅威に感じている東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国との反中連合結成を企図している。しかし、この戦略は日本の突然の釈放決定で変更を迫られる可能性もある。米CNNテレビは日本の降伏を伝えるニュースで、対立をにらめっこに例えた。「最後、がまんできなくなった日本は先に目を閉じてしまったのだ」、と。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<尖閣問題>温家宝首相の談話が船長釈放の決め手に=日本は目的を達成との見方も―SP華字紙
<尖閣問題>代償は日本企業が払うことに―中国人ジャーナリスト
<尖閣問題>四川大地震で中国人を感動させた「もう一つの日本人」はどこに消えた?―中国紙
<尖閣問題>中国を牽制しつつも怒らせない、米国の綱渡り外交―米メディア
<中国人が見た日本><尖閣問題>民主党は対中政策を転換させたのか?鳩山路線を大幅に修正

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年9月26日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。