裸眼で見られる3Dテレビ、ドコモ新情報端末、ヤフオクTVに注目!―シーテック2010

裸眼で見られる3Dテレビ、ドコモ新情報端末、ヤフオクTVに注目!―シーテック2010
5日、アジア最大の家電・IT見本市「CEATEC JAPAN2010」が千葉市の幕張メッセで開幕。3Dテレビやスマートフォン、電子書籍端末など最先端のデジタル技術をめぐり激しい競争が展開された。中国、韓国などのブースも目立った。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45952">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月5日、アジア最大級の家電・IT(情報技術)見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN2010」が千葉市の幕張メッセで開幕。3D(3次元)テレビや高機能携帯電話(スマートフォン)、電子書籍端末など最先端のデジタル技術をめぐり激しいアピール合戦が展開された。国内外から昨年より26社多い616社が出展した。

注目されたのは、東芝が出展した世界初の裸眼で見られる3D液晶テレビ。世界初で今年末に発売する。ソニーやパナソニックも撮影機材やゲームを展示するなど、3D対応製品の広がりが目立った。

【その他の写真】

パナソニックはヤフーのインターネットオークションに対応した薄型テレビを出展。このテレビを使えば、顧客には商品が目の前に実際に存在するかのように見え、あらゆる角度から手軽にチェックできる点が特徴で来春の国内発売を目指している。

NTTドコモが11月下旬に日本市場に投入する韓国サムスン製の小型電子書籍型端末「ギャラクシータブ」も大きな関心を呼んだ。米グーグルの基本ソフト(OS)を搭載しており、多彩なソフトのダウンロードが可能。「iモード」と同じメールも利用でき、米アップルの「iPad(アイパッド)」対抗機種の最右翼とされている。

このほか、低炭素社会実現に向けた「環境」も主要テーマの一つで、次世代電力網(スマートグリッド)や電気自動車などが会場の耳目を集めていた。

会場内では、韓国、中国、

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月7日の中国記事

次に読みたい関連記事「家電」のニュース

次に読みたい関連記事「家電」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。