<調査>訪日中国人観光客の満足度は9割以上、「次は混浴してみたい」の声も多数―華字紙

<調査>訪日中国人観光客の満足度は9割以上、「次は混浴してみたい」の声も多数―華字紙
6日、日本の観光庁が発表した最新の統計で、訪日中国人観光客の満足度は9割を超えることが分かった。写真は中国人観光客に人気の高い日本の桜。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45977">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月6日、華字紙・中文導報によると、日本の観光庁が発表した最新の統計で、訪日中国人観光客の満足度は9割を超えることが分かった。

観光庁が9月28日に発表した「訪日外国人消費動向調査」(4月~6月調査分)によると、訪日中国人観光客の満足度は91.8%に達した。うち67.6%が日本への来訪は「初めて」。これに対し、台湾や香港のリピーターは7割を超えており、今後は中国本土客のリピート率も上げることが大きな課題として挙げられた。

【その他の写真】

年齢別では「20歳~39歳」の女性が訪日中国人観光客の約3割を占めた。「東京、中部、大阪を結ぶ東海道側」が人気のコースで、最も人気の高い観光地は「秋葉原」(40%)。大阪から入国して京都を観光し、新幹線やバスを乗り継いで中部地域を回り、最後は秋葉原で買い物三昧―が「ゴールデンルート」となっている。

中国人観光客は「お土産代」が突出しており、訪日外国人客全体の1人当たりの平均が4万8046円に対し、中国人観光客は10万1229万円に上った。人気の商品は地元の特産品のほか、化粧品、医薬品、デジタルカメラ、ブランド物の腕時計、家電など。訪日中国人観光客の1人当たりの平均消費額は13万6870円、合計で503億5000万円に達し、訪日外国人観光客全体の22.1%を占めた。

また、桜や紅葉、雪などの四季の風物や農村・漁村での体験が楽しめるツアーなどに「期待以上だった」との声が多く寄せられた。次に日本を訪れる際の最大の楽しみは「温泉」で、特に「混浴を体験してみたい」との希望が目立った。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月7日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら