「お手当て」は年間200万円!中国の女子大生は「愛人業」でカネを稼ぐ―米紙

「お手当て」は年間200万円!中国の女子大生は「愛人業」でカネを稼ぐ―米紙
20日、米紙は、中国ではブランド物欲しさに身体を売る女子大生が増えていると報じた。金持ちの「愛人」として囲われることが新たな金儲けの手段になっているというものだ。写真は09年12月、モデルなどの養成コースがある芸術系大学の推薦入学をかけたコンクール。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46354">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月20日、米紙ロサンゼルス・タイムズは、中国ではブランド物欲しさに身体を売る女子大生が増えていると報じた。金持ちの「愛人」として囲われることが新たな金儲けの手段になっているというものだ。21日付で環球時報が伝えた。

驚異的な経済発展とともに物欲や金銭欲が渦巻くようになった中国社会で、「愛人」稼業に精を出す女子大生がここ数年急増している。その動機は「ブランド物が欲しいから」。

【その他の写真】

大学側もただ手をこまねいているわけではない。少なくとも2つの教師養成大学が「愛人禁止令」を発令。愛人であることが発覚した場合は退学処分にすることを新たに学則に盛り込んだ。だが、そんなことでは彼女たちの物欲は止められない。

若い女の子を囲いたい金持ちと物欲を満たしたい女子大生。その「橋渡し役」をしているという上海の大学4年生、丁(ディン)さんによると、1番人気は芸術系の大学生。年間の「お手当て」は約2万5000ドル(約202万円)で食住費やプレゼントは別途支給。人気のない商学系の学生は年間5000ドル(約40万円)前後でも“商談”が成立する。

「性の商品化」に対する彼女たちの本音はどうなのか?愛人経験を持つ女子大生、尹(イン)さんはブログにこうつづっている。「身体が純潔かどうかなんて、それほど重要な時代ではなくなった。人生の意義は『純潔な人間』として生きることではない」。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
イマドキ学生の奔放な生活に大学も苦慮=愛人、一夜限りの関係が発覚すれば退学処分に―中国
一人っ子政策違反の2人目や愛人の子を「香港で生もう」の広告が氾濫!―中国
墓参りも爆竹鳴らし、愛人引き連れ…成金たち、臆面なく財力見せびらかす―中国
大学キャンパス内に愛人募集広告!日当2万6000円―中国
中国の贅沢品市場、支えているのは「愛人」囲う富裕層―中国紙

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月22日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。