衰えつつある古い日本と新たに胎動する新しい日本―FT中国語版サイト

衰えつつある古い日本と新たに胎動する新しい日本―FT中国語版サイト
22日、英フィナンシャル・タイムズ中国語版サイトは、程苓峰・騰訊網科技センター総監のコラム「2つの日本の戦い」を掲載した。衰えつつある古い日本と新たな日本の胎動が平行しているという。写真は河南省洛陽市のIT製品販売店で売られる日本製品。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46392">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月22日、英フィナンシャル・タイムズ中国語版サイトは、程苓峰(チェン・リンフォン)騰訊網科技センター総監のコラム「2つの日本の戦い」を掲載した。以下はその抄訳。

10月5日~9日にかけ、幕張メッセでアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展であるCEATEC JAPAN(シーテックジャパン)2010が開催された。日本企業が一堂に会するこのイベントで、2つの日本を見ることができた。

【その他の写真】

1つめの日本はかつて世界を席巻しながらも今、衰えつつある古い日本。原則にとらわれ、保守的になってしまった日本メーカーの衰えは続いている。一方で新しい日本も育ちつつある。その代表格がソニー。巨大な3Dテレビを壁代わりに使うなど、ブースのデザインからして斬新だった。

2005年に米国人であるストリンガー氏がトップに就任したソニー。旧来の日本社会から見れば破天荒だった試みは今、実を結びつつあるように見える。数年以内に日本のビジネス界や社会の文化、伝統、ルールは圧力にさらされ、変わっていくことになるだろう。古い木に新芽が服用に。今、2つの日本が存在する。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<尖閣問題>「勝者は日本」、中国の外交は以前のような賢明さを失った―米メディア
日本企業が狙う中国不動産市場=エコシティ市場への食い込み目指す―中国誌
日本が懸念する習近平時代の対日政策―英メディア
<中国人が見た日本>日本女性が台頭の時代を迎えた?手取り収入で男性を抜く
円高で日本からのODAが「天使」から「悪魔」へ―ベトナム紙

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月24日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら