中国の政策課題はインフレ対策に=CPIは過去23カ月で最高を記録―米紙

中国の政策課題はインフレ対策に=CPIは過去23カ月で最高を記録―米紙
21日、米紙ニューヨーク・タイムズは、今年第3四半期の中国経済成長率を取り上げた。9.6%に減速したものの、その成長率は世界一だという。写真は杭州市のスーパー。今後、食用油の値上がりが予想されているため、買い占める人が続出している。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46391">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月21日、米紙ニューヨーク・タイムズは、今年第3四半期の中国経済成長率を取り上げた。9.6%に減速したものの、その成長率は世界一だという。22日、中国経済網が伝えた。

中国国家統計局は、第3四半期の経済成長率を発表した。前四半期の10.6%からやや減速して9.6%となった。クレディスイス中国首席エコノミストの汪涛(ワン・タオ)氏は取材に答え、「不動産市場引き締め政策の強化と輸出の低迷により、第4四半期の成長率はさらに減速する」との見通しを示した。しかし他の経済体と比べれば、中国の成長はなお非常に力強いものだという。

【その他の写真】

もっとも中国の政策決定者にとって最大の課題は、今や景気の引き締めではなく物価の安定にある。汪氏は「インフレはおそらく深刻な社会問題を引き起こす」と警戒している。9月の消費者物価指数(CPI)は前年同期比で3.6%上昇。過去23カ月で最高の伸び率となった。19日、中国人民銀行は2007年以来となる利上げを発表したが、インフレ対策が狙いと見られる。上海在住の看護士・李さん(53歳)は取材に答え、「あらゆるものが値上がりしている」と嘆いた。唯一、増えていないものは給与だけだと愚痴をこぼしている。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
成長率は9.6%に減速=景気引き締めは成功もインフレ率が高水準に―中国
<中華経済>6大銀の預金準備率引き上げ、経済好調でインフレ阻止に転換―中国
中国の2010年成長率は9.5%、賃上げラッシュもインフレにはつながらず―世銀
中国の今年のGDP伸び率、9.5%!ただし、インフレ発生の可能性高い―世界銀行
高成長維持しつつ構造調整、インフレ制御図ることが必要―中国首相

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月24日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。