「中国にこびるな」アレック・スーに怒り噴出!「中国之夜」出席で―東京国際映画祭

「中国にこびるな」アレック・スーに怒り噴出!「中国之夜」出席で―東京国際映画祭
26日、開催中の「第23回東京国際映画祭」で、中国代表団によるパーティーに出席した台湾出身の俳優アレック・スーに非難の声が高まっている。写真はアレック・スー。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46478">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月26日、開催中の「第23回東京国際映画祭」で、中国代表団によるパーティー「中国之夜」に出席した台湾出身の俳優アレック・スー(蘇有朋)に台湾市民から非難の声が高まっている。NOWnewsが伝えた。

開催中の「第23回東京国際映画祭」では、中国代表団が台湾代表団に対し「中国台湾」の名称を使うよう要求し、主催側にも抗議したため大きなトラブルに発展。しかし、25日夜に行われた中国代表団によるパーティー「中国之夜」には、俳優のアレック・スーが台湾出身者から唯一出席した。これに対し、「自分の立場を忘れている」「中国にこびる気か」と台湾市民からの非難が高まっている。

【その他の写真】

アレックは中国代表団の団長で、国営中国電影集団副総裁の江平(ジャン・ピン)監督作品「チベット恋物語」(原題:康定情歌)の主演俳優。「中国之夜」では、共演者とともに映画主題歌も披露し、さらに台湾市民の怒りを煽る結果となっている。

台湾メディアによると、「中国之夜」開催時、会場で台湾人記者の姿を目にしたアレックは、とまどったような表情も見せたという。さらに「腹痛」を理由に、記者のインタビューを拒否して会場を後にしている。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
<東京国際映画祭>ビビアン・スーも無念…台湾代表団、グリーンカーペット欠席の理由―英メディア
<東京国際映画祭>中国本土代表がイベント参加をドタキャン=台湾問題に関する主催者対応に不満―日本
尖閣問題の影響?グリーンカーペット、中華圏からはやや寂しく―東京国際映画祭
アレック・スー噂の恋人と初ショット、ケーキ分け合うラブラブぶり―香港
台湾の少年隊「小虎隊」が一夜限りの再結成=結成20周年で―中国メディア

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月27日の韓流記事

新着トピックス

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。