“最も危険な敵”米国に行きたがる中国人、矛盾だらけの中国はどこへ行くのか?―米紙

“最も危険な敵”米国に行きたがる中国人、矛盾だらけの中国はどこへ行くのか?―米紙
27日、中国の国営メディアは、25日付米紙のコラム「中国は台頭を続けるのか?それともバランスを崩してしまうのか?」を掲載した。作者は有名コラムニストのデビッド・イグネイシアス氏。写真は米ドルと人民元。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46502">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年10月27日、中国の国営新華社通信(電子版)は、25日付米紙ワシントン・ポストのコラム「中国は台頭を続けるのか?それともバランスを崩してしまうのか?」を掲載した。作者は同紙コラムニストのデビッド・イグネイシアス氏。以下はその内容。

「中国の世紀へようこそ!」―こんな言葉がプライベートファンドを取り扱う会社の入口に掲げられていた。「米国が統治する100年が終わった後、次の100年は中国が支配する」という意味が込められているらしい。では、「中国の世紀」とは一体どんな姿なのか?ここを訪れた米国人観光客は思わずそう考えるだろう。中国は不透明な政治体制のまま、自らが放出する経済力を受け止めることができるのだろうか。

【その他の写真】

それとも、それは繁栄の陰に隠された時限爆弾なのか?力をつけた中国が世界のリーダー・米国と衝突するのは運命とでも思っているのだろうか? 1週間の上海滞在が終わる頃には、これらの懸念は来たばかりの時よりもさらに膨れ上がっていた。中国沿海都市の新興富豪には驚かされる。彼らは筆者が滞在中に見聞きしたあらゆる宣伝がウソではないことを証明している。

だが、中国の政治の脆弱性は一目瞭然だ。将来が不安なエリート層は万が一を考え、人民元で富を得ながら海外投資に励み外国パスポートを手に入れようとする。今の中国は傲慢でいながら臆病。驚くほどの速さで前進しながら常に不安で落ち着かない。役人は発展の成果を自慢しながら「貧困」を訴え、あれほど周辺国に対する強硬姿勢を強めておきながら「敵を作りたくない」と言い続けている。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年10月29日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。