<中華経済>中央政府直属の企業、30~50社に削減―中国

2010年11月1日、国務院国有資産監督管理委員会研究センターの李保民主任は、メディアの取材に対し、第12次5カ年計画(2011~15年)の期間中、国務院直轄の国有企業「中央企業」の数を30~50社に減少させるとの見通しを明らかにした。10月14日現在、中央企業は122社を数える。複数の中国メディアが伝えた。

同委員会は今年初め、2010年中に中央企業の4分の1を再編し、計100社以下に削減する目標だった。しかし、年末まで残り2カ月あまりとなり、目標達成は困難とみられる。主任は「われわれは努力をしているが、100社以内は絶対ではない。100数社でもよい」と話している。

主任によると、今後、中央企業が生き残るには、自らの知識財産権を保有すること、世界的に有名なブランドであること、国際競争力が高いことが条件となる。(翻訳・編集/JX)

【関連記事】
中国の同族経営企業、平均純利益率が国有企業を大きく上回る―米経済誌
国有企業ばかりが優先される中国の経済政策―米メディア
中国国有企業、ブラジル電力企業7社を買収へ―中国メディア
進む大型国有企業の海外進出=海外資産50兆円突破もリスクに懸念―中国紙
国産旅客機普及に中国政府が作業グループ設置=国有企業に導入求める―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年11月3日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。