<レコチャ広場>オバマ大統領を恐怖に陥れる中国リーダーたちの外交手腕―中国

<レコチャ広場>オバマ大統領を恐怖に陥れる中国リーダーたちの外交手腕―中国
10日、中国のリーダーが最近頻繁に海外訪問しているのは米国を孤立させるため、と論じた記事が中国のブログサイトに掲載された。写真は4月、中国・西安を訪れたサルコジ仏大統領。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=46941">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年11月10日、中国のリーダーが最近頻繁に海外訪問しているのは米国を孤立させるため、と論じた記事が中国のブログサイト・環球博客に掲載された。以下はその概略。

胡錦濤・国家主席が4日、フランスを訪問し、サルコジ大統領が夫人同伴で空港まで出迎えるという異例の歓待を受けた。フランスは中国の経済力が必要。双方は総額200億ドルを超える10数項目の契約書にサインしたほか、「国際的な難題」に手を携えて対応していくことで合意した。この「国際的な難題」が米国を指していることは言うまでもない。胡主席はほかにポルトガルも訪問している。

【その他の写真】

呉邦国・全国人民代表大会常務委員会委員長(国会議長に相当)は4日からカンボジア、インドネシア、タイを訪問。賈慶林・中国人民政治協商会議全国委員会(全国政治協商会議)主席はシリア、ポーランド、オマーン、カザフスタンを訪れ、「中国は一貫してアラブ諸国を良き友人、良き兄弟だと思っている」と言って回った。このほか、李克強・副首相もオーストラリアの副首相と会談を行っている。

彼らはほぼ同時に複数の国を訪問したことになる。その目的は「中国の支持者」を増やし、共同で「米国」という難題に立ち向かうためだ。APECでは人民元問題がやり玉にあがると予想されるが、米国がどんなに頑張ろうとも中国はこうした「コネ」をフル活用すれば、危機を乗り切ることができる。

米国は6000億ドルの国債を追加購入する方針を発表したばかり。中国は人民元問題さえ乗り切れば、あとは米国がこうしてどんどん墓穴を掘って行くのを見ているだけでよい。この調子では米国の敗北はそう遠くはないだろう。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
「中国は全力で取り組んでいない」オバマ大統領が人民元問題に言及―英メディア
オバマ大統領の対北朝鮮制裁、実は中国にも矛先が向いていた―米紙
<在日中国人のブログ>オバマ大統領の「火星計画」に内心大慌ての日本
中国の人権問題に口出しせず、仏大統領の我慢に中国が数百億ドルの“ご褒美”―独メディア
【レコチャアンケート】日中首脳会談はいつ実現すると思いますか?

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 胡錦濤 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年11月12日の中国記事

「胡錦濤 + 日本」のおすすめ記事

「胡錦濤 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「習近平」のニュース

次に読みたい関連記事「習近平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「李克強」のニュース

次に読みたい関連記事「李克強」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら