<レコチャ広場>「仕事中、平均8つのブラウザを開いている」情報中毒症の中国人―中国

<レコチャ広場>「仕事中、平均8つのブラウザを開いている」情報中毒症の中国人―中国
4日、汽車商業評論に掲載された記事「インターネット時代の情報中毒症」がブログサイトで紹介された。写真は4日、チャットソフト「QQ」を運営する騰訊がライバル会社のソフトでは「QQ」を利用できないようにすると発表。ユーザーは不便を強いられることに…。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47047">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年11月4日、中国誌・汽車商業評論の賈可(ジア・コー)編集長が同誌10月号に掲載された記事「インターネット時代の情報中毒症」を中国のブログサイト・経済博客で紹介した。以下はその内容。

新たな技術がヒトの行動にどのような変化を与えるか。ある研究機関の報告によると、パソコンで仕事をする人は1日平均50回も受信トレイを確認するそうだ。メールの整理に費やす時間は1日約2時間。これは一般ビジネスマンの2倍に相当する。常に「大事なメールを見逃してはいけない」という強迫観念にかられているためだ。

【その他の写真】

IT技術はもはや仕事や家庭などあらゆる域に深く入り込んでいる。研究によると、1日の仕事時間の中で「重要でないことに費やす時間」と「そこからまた集中力を取り戻すまでの時間」だけで実に28%を占めている。「重要な仕事のメールを書く時間」は25%、「会議」が20%、「情報検索」が15%。「考え事やビジネスの計画を立てる時間」はわずか12%だった。

インテルやIBM、マイクロソフトなどIT企業が共同で実施した「情報過多」が与える影響に関する研究によると、目の前の仕事が中断されると、元の集中力を取り戻すまでに25分かかるそうだ。情報が豊富になったことで便利にはなったが、人々は仕事中に平均8つのブラウザを開き、常に確認せずにはいられなくなった。1つのブラウザをのぞく時間は20秒以下だ。会議中もモバイル端末を手放さないが、肝心の会議内容は覚えていない。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年11月15日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら