秦始皇帝陵が盗掘被害、地下に36mのトンネル―陝西省西安市

秦始皇帝陵が盗掘被害、地下に36mのトンネル―陝西省西安市
25日、10月に陝西省西安市の秦始皇帝東陵墓が盗掘被害に遭っていたことがわかった。盗掘は地下に掘られた36mのトンネルを使って行われたと見られている。写真は10年10月、観光客でごった返す兵馬俑。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47349">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2010年11月25日、華商報によれば、10月に陝西省西安市の秦始皇帝東陵墓が盗掘被害に遭っていたことがわかった。警察当局は容疑者数名をすでに拘束しており、盗まれた遺物1件が回収された。

東陵墓は1986年に発見され、「全国重点文物保護単位」として石碑が建てられたのは2006年のこと。東陵墓は秦の始皇帝の先祖代々の墓とされ、始皇帝の両親や祖父母が埋葬されているとされている。盗掘は地下にダイナマイトを使って掘られた36mもの長さのトンネルを使って行われたと見られ、詳しい調査が続けられているが、過去にも盗掘された痕跡があったという。

【その他の写真】

また、今年4月には同省礼泉県の唐建陵遺跡でも石獅子2体が盗まれるという被害が起きており、未だ発見されていない。当局は10万元(約126万円)の懸賞金を掛けるなど、犯人と盗まれた石獅子の行方を追っている。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
秦の始皇帝陵を造営の労働者、大半が「南方の少数民族」だった=人骨のDNA鑑定で判明―陝西省
秦の始皇帝陵に眠る地下宮殿、その建造工程が明らかに―中国
謎の解明は持ち越し?始皇帝陵に眠る巨大地下宮殿「当面発掘せず」―陝西省西安市
猛暑の中、兵馬俑博物館が大人気!―陝西省西安市
<2006年年末企画> いつか行きたい中国の世界遺産(5)秦の始皇帝陵

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。