海外滞在者に対する帰国後のエイズ検査撤廃へ―中国

海外滞在者に対する帰国後のエイズ検査撤廃へ―中国
25日、国家品質監督検験検疫総局は「国家品質監督検験検疫総局による『出入国エイズ予防管理弁法』改訂に関する決定」(パブリックコメント稿)を発表した。写真は2010年4月、エイズ患者とレッドリボン。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47375">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年11月25日、国家品質監督検験検疫総局は「国家品質監督検験検疫総局による『出入国エイズ予防管理弁法』改訂に関する決定」(パブリックコメント稿)を発表した。多維ニュースが伝えた。

改訂の注目は、「1年以上海外に在住した中国国民は帰国後、エイズ検査を受ける必要がある」との条項が削除されたこと。報道によると、米国在住華人には帰国手続きが複雑化する、検査に費用も時間もかかる、検査で逆に健康被害が起きる不安もあるなどの反発があったという。

【その他の写真】

またエイズ患者、エイズウイルスキャリアは中国入国(帰国)時に申告。検査検疫機関が「その事実を確認する」とも定められていたが、この条項も削除される見通しだ。『出入国エイズ予防管理弁法』は2007年12月1月より施行されていた。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
エイズ対策の新たな計画を制定中=エイズ感染者のクオリティオブライフ向上に取り組み―中国
「エイズ救済」イメージ大使のチャン・ツィイー、醜聞まみれで人生観も変化?―中国
ツィイーとアーロンが農村の恋!エイズと闘うカップルで濃厚シーンも―中国
<南アW杯>治安に加えエイズも不安、売春婦4万人が集結か―中国メディア
<エイズ予防>性産業従事者のコンドーム使用率、現状約2割!目標85%に引き上げへ―広東省東莞市

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年11月28日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。