<落武者伝説>村民の3分の2に白人遺伝子、やはりローマ軍の末裔なのか?―甘粛省

<落武者伝説>村民の3分の2に白人遺伝子、やはりローマ軍の末裔なのか?―甘粛省
26日、2000年前のローマ帝国軍の末裔と言い伝えられている中国・甘粛省金昌市永昌県者来寨村の村民の約3分の2がコーカソイド(白人)の遺伝子を持っていることが判明した。写真は04年、イタリアから中国国家博物院に到着した「古代ローマ文明展」の展示物。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47410">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2010年11月26日、英紙デイリー・メールによると、中国の甘粛省金昌市永昌県者来寨(しゃらいさい)村の村民が2000年前のローマ帝国軍の末裔かどうかを調べる研究が進められるなか、同村の約3分の2がコーカソイド(白人)の遺伝子を持っていることが判明した。27日付で羊城晩報が伝えた。

地元・甘粛省に今月、「蘭州大学イタリア文学研究センター」が発足し、本格的な研究が始まっていた。今回、村民のDNA鑑定を行った結果、約3分の2がコーカソイド(白人)の遺伝子を持っていることが判明。「末裔説」を証明する根拠になると期待が高まっている。

【その他の写真】

だが、中国科学院遺伝・発育生物学研究所の馬潤林(マー・ルンリン)研究員によると、これだけでは「末裔説」を証明するには不十分で、古代中国とローマを結ぶシルクロードを往来していた人々の末裔である可能性も考えられる。古代ローマ軍兵士の遺伝子情報と照合するのが理想的だが、イタリア側に信頼できる資料はないという。

「末裔説」を最初に唱えたのはオックスフォード大学のホーマー・H・ダブス教授。教授は1950年代にロンドンでこの説を発表したが当時はあまり重視されなかった。その後、2006年に中国で報道されたことをきっかけに再び注目を集め、同センターの開設につながった。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
<落武者伝説>村民はローマ帝国軍の末裔?地元大学に研究機関が発足―甘粛省
白人なら誰でも出来るお仕事とは!?ニセ外国人ビジネスマンになった男―米誌
こんなに多い、白人男性の“欠点”、なのに彼らとの結婚を望む中国人女性!―香港誌
北京大学で清皇帝の末裔!話題のモデル白莫菲、「1000人に1人」美女―中国
【レコチャアンケート】2011年、日中関係はどうなると思いますか?
レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年11月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。