新ターミナルの外壁が強風で剥落=手抜き工事ではとの声も―北京首都国際空港

新ターミナルの外壁が強風で剥落=手抜き工事ではとの声も―北京首都国際空港
10日、北京首都国際空港一帯は強風に見舞われた。計200便余りが遅延する影響が出た。また、空港第3ターミナル西側の金属板が風に煽られ、剥落した。写真は10日、遅延の影響で人でいっぱいになった北京首都国際空港のロビー。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47730">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年12月10日、北京首都国際空港一帯は強風に見舞われた。計200便余りが遅延する影響が出た。また、空港第3ターミナル西側の金属板が風に煽られ、剥落した。11日、西部網が伝えた。

「まるで白い泡が空一杯に飛んでいるようでした。すごい光景でした」と語るのは、10日、北京首都国際空港で航空便に乗った孫さん。搭乗口で並んでいたところ、窓の外が突然、白い物体で覆われたという。

【その他の写真】

問題の白い物体は第3ターミナルの屋上付近から噴き出していた。強風で金属板が剥落。内部に詰められていた物体が吹き出てきたのだという。白い物体は風に乗って飛び散り、滑走路にまで広がったという。

この日、200便余りが遅延したが、その原因は強風ではなく、滑走路に飛び散った白い物体だったのではないかといぶかしむ声もあるようだ。またオープンして間もない第3ターミナルが強風で破損したことに、手抜き工事だったのではとの疑念を呈する人もいた。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
<青海地震>手抜き工事による学生の犠牲者多数、四川大地震の教訓生かせず―SP紙
米映画監督の入国拒否=四川大地震手抜き工事問題のドキュメンタリーを撮影―中国
事故頻発!経済目標の大号令が中国の手抜き工事をさらに深刻化―香港紙
テレビ塔ポッキリ事故、「手抜き工事」が主因と断定―河北省石家荘市
テレビ塔ポッキリ事故は「手抜き工事」?ネット上で責任問う声続出―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年12月12日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。