<レコチャ広場>中国人のニセ幸福生活=物価は米国よりもずっと高い

<レコチャ広場>中国人のニセ幸福生活=物価は米国よりもずっと高い
16日、著名な経済学者の郎咸平氏は、シンクタンク・上海極視文化伝播有限公司のブログで記事「中国人のニセ幸福生活」を発表した。同氏の新著「郎咸平語る=私たちの生活はなぜこんなに苦しいのか」の一部抜粋にあたる。写真は中国のスーパー。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47859">【その他の写真】</a>(Record China)
2010年12月16日、著名な経済学者の郎咸平(ラン・シエンピン)氏は、シンクタンク・上海極視文化伝播有限公司のブログで記事「中国人のニセ幸福生活」を発表した。同氏の新著「郎咸平語る=私たちの生活はなぜこんなに苦しいのか」の一部抜粋にあたる。以下はその抄訳。

ここで誰にとっても関連するテーマである、バブル経済についてお伝えしたい。今や中国では至るところにバブルが存在する。不動産バブル、株式バブル、そして今ではニンニクもバブルだ。中国の物価にはバブルが多過ぎる。

【その他の写真】

北京市や上海市の大都市でも平均収入は東京の10分の1。ところが不動産価格はほとんど変わらない。それどころがブランド物やガソリンなどは中国よりも米国のほうがずっと安いのだ。

私の友人がロサンゼルスの中華レストランで食事をしたことがあるが、エビやカニなどの海鮮を食べたのに4人でたった49ドル(約4120円)。中国ではとても考えられない価格だ。コーヒーも米国なら1ドル(約84円)。中国のカフェなら20元(約252円)はするだろう。

マクドナルドのような大衆が食べるファーストフードや天然ガスのような大衆の必需品だけは米国とほとんど価格差がないが、少しでも高級なものになると一気に価格が跳ね上がる。それはなぜだろうか?すべては市民が豊かではないことに起因しているのだ。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
価格が100倍!濡れ手にあわのニンニクバブル=発端はリーマンショックだった?!―香港紙
中国に日本流バブル崩壊は来ない=日本と違う投資家の行動パターン―中国紙
主要35都市の平均住宅価格、約3割が「バブル」―中国
美術品への投資が過熱、バブル崩壊の前兆も―中国
バブル経済がはじけて20年、日本国民は失った自信を探している―中国メディア

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2010年12月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら