中国本土→香港での出産が人気!“裏技”を使った出産仲介業者が大繁盛―香港紙

中国本土→香港での出産が人気!“裏技”を使った出産仲介業者が大繁盛―香港紙
27日、夫婦ともに香港籍を持たない中国人妊婦の香港での出産が人気を呼び、香港の出産仲介業者が大繁盛している。写真はマタニティバレエに励む中国の妊婦。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=48116">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2010年12月27日、夫婦ともに香港籍を持たない中国人妊婦の香港での出産が激増し、香港の出産仲介業者が大繁盛している。本来、中国本土籍の妊娠7カ月以上の妊婦は証明書がなければ香港入りを禁止されているが、仲介業者は“裏技”を使って商売をしているという。香港紙・文匯報の報道を中国新聞社が伝えた。

夫婦ともに中国本土籍であるにもかかわらず、香港で出産する中国人妊婦が増加している。中国本土から香港へ来て出産する「香港ママ」のうち、夫婦ともに中国本土籍の妊婦の割合は、03年には約20%だったものが、09年には約80%にまで増加している。

【その他の写真】

香港の産婦人科医の情況や出産証明など各種手続きに疎い中国本土の妊婦の増加によって、仲介業者が繁盛する下地が十分だったところへ、妊娠7カ月以上の妊婦のニーズが加わり、仲介業者だけでなく、一部の産婦人科医も潤っている。

香港には、「妊娠7カ月以上の中国本土の妊婦が香港へ入る場合、現地医院の分娩予約証明書を提出しなければならない」とのルールがある。しかも、香港での出産ブームによって、一般の産婦人科病院はベッドに余裕がないため、通常であればこうした妊婦が香港で出産することは不可能であるが、仲介業者は裏技を駆使し、ニーズに答えている。

妊娠7カ月以上で分娩予約証明がなくても、お腹の目立たない軽装で、仲介業者が指定した場所から指定した時間の交通機関を利用すれば、検査を受けずに陸路で香港に入れるという。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年12月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。