14年ぶりに空気品質基準を改定へ、浮遊粒子状物質は観測対象とせず―中国

14年ぶりに空気品質基準を改定へ、浮遊粒子状物質は観測対象とせず―中国
21日、中国が14年ぶりに空気品質基準を改定することが分かった。しかし世界的に見て主要な指標である浮遊粒子状物質が含まれていない。写真は新疆ウイグル自治区ウルムチ市。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=48749">【その他の写真】</a>(Record China)
2011年1月21日、中国が14年ぶりに空気品質基準を改定することが分かった。しかし世界的に見て主要な指標である浮遊粒子状物質が含まれていない。南方週末が伝えた。

1996年に制定された「環境空気品質基準」が14年ぶりに改訂される見通しだ。2000年に微調整が加えられたものの、本格的な改訂は今回が初めて。すでにパブリックコメント草稿が公開されている。

【その他の写真】

さまざまな改善点が盛り込まれているが、浮遊粒子状物質(PM2.5)が観測対象にならなかったことが問題だと中国科学院大気物理研究所の王庚辰(ワン・ゲンチェン)研究員は指摘する。小粒子状物質の濃度は世界的に見て主要な環境基準となりつつある。肺がんや心臓病、ぜんそくなどの原因となる。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
「空気の質」の情報公開、先進国と比べ遅れ目立つ―中国
大気汚染が復活したのは万博閉幕とは無関係、「風向きが変わったせい」―上海市
<在日中国人のブログ>「東京の月」は上海より明るい!大気汚染対策に学ぶ
環境汚染の代償は年間12兆円近く―中国
都市地下水の6割超が深刻な汚染!改善には1000年必要―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年1月22日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら