<香港株>10日=急落、ハンセン指数は23000割れ

2011年2月10日、香港株式市場でハンセン指数は前日比455.41ポイント(1.97%)安の22708.62ポイントと急落し、約7週間ぶりに節目の23000ポイントを割り込んだ。本土企業株で構成されるH株指数も256.00ポイント(2.08%)安の12022.60ポイントと続落した。売買代金はメインボード全体で976億9300万香港ドル。

来週発表される中国の1月の消費者物価指数(CPI)の上昇拡大が予想されるなか、中国当局による追加の金融引き締めが警戒された。ハンセン指数の構成銘柄はほぼ全面安だった。(翻訳・編集/東亜通信)

【関連記事】
<中国株>10日=政策期待の買いで反発
<香港株>9日=中国の利上げ嫌気し下落、中国株が下げ主導
<香港株>8日=ハンセン指数は続落、大型株下げる
<中華経済>年間輸出量上回る備蓄、内モンゴル自治区にレアアース備蓄施設
<中華経済>中国製石油掘削機に反ダンピング課税、最大430%―米ITC

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年2月10日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。