看護師不足200万人、入院患者の看護は家族が泊まり込みで―中国

看護師不足200万人、入院患者の看護は家族が泊まり込みで―中国
9日、中国は深刻な看護師不足に陥っている。入院患者の看護は家族が泊まり込みでするのが当たり前だ。写真は中国の看護師。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=49203">【その他の写真】</a>(Record China)
2011年2月9日、中国共産党機関紙・人民日報は、中国は深刻な看護師不足に陥っていると報じた。

春節(旧正月)前、山東省の張さんは「自分の身体がいつまでもつか…」と暗澹たる思いに駆られていた。張さんの父親は脳血栓のほか前立腺も患っており、北京市内の病院に入院している。夜中になると1時間置きにトイレに起きるが、その度に付き添わなければならない。病室に泊まりこんで3日になるが、早くも疲労困憊し、夜中に父親に起こされても目を覚ませなくなった。

【その他の写真】

そこで、父親と自分の腕をヒモで結ぶことにした。呼んでも起きない時はヒモを引っ張れば良い。父親は「ヒモを引っ張る度に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。息子を疲れさせているのは分かっているが、どうしようもない」とため息をついた。

日本の病院は入院すれば「看護師さんにすべてお任せ」だが、中国の病院は違う。中国の看護師は注射を打ったり、薬を投与したりするのが主な仕事で、それ以外の一切は家族が担うことになる。トイレに付き添ったり、身体を拭いたり、寝返りを打たせたり…。家族の誰かが泊まり込まなければならない。そうでなければ「看護助手」と呼ばれる人を雇うことになるが、基本的な医療知識を持っている人は少ないというのが実情だ。

中国衛生部によると、2009年時点の医師の数は220万5000人で、看護師の数は184万1000人。世界銀行の世界開発報告書(1993年)によると、医師と看護師の比率は1:2~1:4が理想的だが、これに基づけば中国は200万人もの看護師が不足していることになる。人口1000人当たりの看護師の数も、世界保健機関(WHO)の統計(1998年)によれば、世界の多くの国は3人以上だったが、中国は2009年時点でわずか1.39人だった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年2月13日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。