米フォーブス中国語版が「華人富豪ランキング」を発表、不動産業が3割占める―中国

米フォーブス中国語版が「華人富豪ランキング」を発表、不動産業が3割占める―中国
26日、米誌フォーブス中国語版は世界の華僑・華人を対象にした富豪ランキングを発表した。最も多かったのは不動産業で、3割近くを占めた。写真は20日、福州で開催される不動産交易会の会場準備をするスタッフたち。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=50929">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2011年4月26日、米誌フォーブス中国語版は世界の華僑・華人を対象にした富豪ランキングを発表した。最も多かったのは不動産業で、3割近くを占めた。中国新聞網が伝えた。

それによると、中国本土では製造業、不動産、バイオメディカルがトップ3を占めた。香港は不動産、投資、貿易台湾は電子製造、食品・飲料、石油化学が最も多かった。全体では製造業、不動産、金融業が上位3位に入った。

【その他の写真】

記事は、最近は欧米の富豪のように他分野の事業を展開する富豪が目立つようになったとし、香港最大の企業集団・長江実業グループ創設者の李嘉誠(リ・カーシン)氏を筆頭に、マレーシアのクォックグループを率いる郭鶴年(ロバート・クォック)氏、タイ・華彬グループの厳彬(チャーンチャイ・ルアイルンルアン)氏らをその典型として挙げた。

フォーブス中国語版の周健工(ジョウ・ジエンゴン)編集長によると、中国本土の都市化は華僑・華人に空前の「稼ぎ時」をもたらし、続々と不動産、ホテル、商業不動産あるいは不動産関連の小売業、工業パークの開発に進出している。特に香港の不動産王たちが大挙して中国本土の不動産市場に押し寄せ、巨額の利益を得ていると指摘した。(翻訳・編集/NN)

【関連記事】
96万人の富豪、不動産・株式投資家が3割超える―中国
中国本土の富豪96万人、最多は首都・北京市―中国
資産1000万元以上の富豪、最近のお気に入りは「ワインのコレクション」―中国
胡潤富豪ランキング、歴代富豪のうち24人が「不正摘発」―中国紙
2010年「世界で影響力最大の人物」ランキングに「中国人労働者」が選出―米メディア
レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュース

次に読みたい関連記事「環球時報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「環球網」のニュース

次に読みたい関連記事「環球網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。