<福島原発>世界最大72メートル、中国製ポンプ車が懸命の「水棺」作業―時間との戦い続く

<福島原発>世界最大72メートル、中国製ポンプ車が懸命の「水棺」作業―時間との戦い続く
1原発では、最も危機的な1号機原子炉の圧力容器を覆う格納容器を水没させる「水棺」作業中。世界最大72メートルのアームを持つ中国製コンクリート・ポンプ車が使われている。写真は現場で注水中の同ポンプ車。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=50989">【その他の写真】</a>(Record China)
       
東京電力福島第1原子力発電所の事故で、最も危機的な1号機原子炉の圧力容器を覆う格納容器を水没させ、安定的に冷却する「水棺」作業が行われている。使われているのが世界最大72メートルのアームを持つ中国製コンクリート・ポンプ車だ。

この巨大ポンプ車(約1億5000万円相当)は中国の建設機械製造会社、三一重工が寄贈したもの。3月27日に福島に到着。同31日から福島第1原子力発電所1号機燃料プールへの注水作業が始まった。建屋の上部にアームが軽く届くのはこのポンプ車だけなので東電が購入を申し入れ、三一重工が無償提供したという。

【その他の写真】

現在の注水量は毎時6~10トンで、最大14トンまで可能。東電によると、4月27日にスタートした水棺作業以後、圧力容器内の温度や圧力が低下、圧力容器を覆う格納容器内の圧力や温度も下がった。圧力容器への注水量を増やしたことによって冷却が進み、結果として格納容器内の圧力も低下したというが、予断は許されず時間との戦いが続いている。(取材・編集/SK)

【関連記事】
【アンケート】原発事故の影響は時間が経てば収まると思いますか?
<福島原発>日本は米国だけに謝罪=隣国から批判の声―中国紙
上海など各地で福島原発由来の放射性物質を確認=健康被害の恐れはなし―中国
福島原発の放射性ヨウ素、中国に飛来=微量のため健康被害の懸念なし―黒竜江省
<中国人が見た日本>福島原発が投げかけた問いは全人類共通の課題だ

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。