<調査>愛人志望の女性が急増、8割が原因は教育の欠如と認識―中国

<調査>愛人志望の女性が急増、8割が原因は教育の欠如と認識―中国
28日、中国ではお金のために金持ちの愛人やホステスになろうとする若い女性が増えている。こうした状況について、多くの国民が「小さい頃からの教育に問題がある」と認識していることが分かった。写真は中国の若い女性。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=50968">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2011年4月28日、ネット上では目立つために何でもする人が増え、少女はダイエットのために命を落とす。女子大生はパトロン探しに夢中で、ホステスになることもいとわない。こうした風潮が大きな問題になっている中国で、女性に対する教育の見直しが叫ばれている。中国青年報が伝えた。

中国青年報社会調査センターは先日、2333人を対象にインターネット調査を実施。81.0%の回答者が「現行の女性教育には欠陥がある」と答えた。また80.7%が「女性教育は子供の頃から始めるべき」としている。「女性教育の欠如が招いた結果とは?」という質問には、78.8%が「愛人や浮気相手になることに抵抗感がない」と回答。次いで「現実主義や拝金主義」が76.6%、「パトロン持ちやホステス志望」が74.9%、「健康を害してでも美を追求する」が50.5%、「やさしさや思いやりといった女性らしさの欠如」が40.6%という結果になった。

【その他の写真】

女性教育の欠如を招いた原因については、73.6%が「富や権力をあがめる社会観念」を、同じく73.6%が「社会全体の浮ついた風潮」をあげた。中国人民大学の兪国良(ユー・グオリャン)社会心理学教授は、女性教育の4つの柱として「自重、自律、自省、自愛」を掲げ、「女性が自分自身を大切に思い、自分を律して心と体、そして名誉を守ることを小中学校から教えることが必要だ」と主張している。(翻訳・編集/本郷)

【関連記事】
一人っ子政策違反の2人目や愛人の子を「香港で生もう」の広告が氾濫!―中国
<レコチャ広場>子供の教育に追われ、夫は暴力に愛人…中国の母親は幸せなのか?
墓参りも爆竹鳴らし、愛人引き連れ…成金たち、臆面なく財力見せびらかす―中国
<秘書の日>社長の愛人と思われるのはイヤ!女性秘書は婚活も不利―中国メディア
【アンケート】原発事故の影響は時間が経てば収まると思いますか?

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年4月30日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。