「第13回台北映画祭」ノミネート発表、低迷脱出=秀作が続々登場―台湾

「第13回台北映画祭」ノミネート発表、低迷脱出=秀作が続々登場―台湾
4日、第13回台北映画祭のグランプリ「百萬首奨」のノミネート作品発表会が行われ、シルビア・チャン、ディラン・クォらが出席した。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51091">【その他の写真】</a>(Record China)
2011年5月4日、第13回台北映画祭のグランプリ「百萬首奨」のノミネート作品発表会が行われ、監督・女優のシルヴィア・チャン(張艾嘉)、俳優のディラン・クォ(郭品超)らが出席した。中央広播電台網が伝えた。

今年で13年目を迎える台北映画祭は、台湾映画の発展を鼓舞するために創設された映画賞。長編作品、短編作品、ドキュメンタリー、アニメなど部門賞が設けられ、今年は約200本が応募作品として集まった。この中からグランプリに相当する「百萬首奨」に計44本がノミネートされ、発表会にはシルヴィア・チャンやディラン・クォらが出席した。

【その他の写真】

ノミネート作品には、昨年の台湾版アカデミー賞こと「金馬奨」で最優秀作品賞に選ばれた「当愛来的時候」はじめ、人気作家・九把刀が監督デビューした自伝映画「那些年、我[イ門]一起追過的女孩」など話題作が続々。ここ数年は「モンガに散る」「海角七号 君想う、国境の南」など、国際的に評価の高い秀作を生み出している台湾映画だが、映画祭主席を務めるシルヴィア・チャンは、これまで約20年間も低迷を続けた台湾映画界と近年の明るい兆しを語り、「今後もあきらめず努力を続けたい」と話している。

注目の台北映画祭は6月24日から7月8日までの日程で、台北市内で開催が予定されている。(翻訳・編集/Mathilda)

【関連記事】
映画界総動員で核廃絶を訴え、デモ行進にツァイ・ミンリャン監督ら―台湾
ジョニー・トー監督&女性プロデューサーのシー・ナンスン、コンペ部門審査員に―カンヌ映画祭
08年の四川大地震を映画化「大太陽」、農村舞台に震災の悲しみと生命力―中国
セクシー映画「3D肉蒲団」空前ヒット、プレッシャーでメイン女優雲隠れ?―香港
北京初の国際映画祭、最優秀作品賞に「唐山大地震」―中国

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年5月5日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。