ホリエモン、寺西一浩監督に直筆で告白!映画「女優」出られなくて残念です

ホリエモン、寺西一浩監督に直筆で告白!映画「女優」出られなくて残念です
20日、旧ライブドアの粉飾決算事件で、旧証券取引法違反で懲役2年6月の実刑が確定したホリエモンこと堀江貴文元社長(38)が収監された。これに伴い、銀幕デビュー作品となるはずだった「女優」からの正式降板が発表された。写真は堀江貴文氏(左)と寺西一浩監督。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=51928">【その他の写真】</a>(Record China)
2011年6月20日、旧ライブドアの粉飾決算事件で、旧証券取引法違反で懲役2年6月の実刑が確定したホリエモンこと堀江貴文元社長(38)が収監された。

映画「女優」は、ホリエモンの銀幕デビューと監督の話題性なども手伝って、日本や中国でも多数のメディアが取り上げている。しかし、ホリエモン収監に伴い、「女優」からの正式降板が発表された。

【その他の写真】

劇場版「女優」の公式サイトには、ホリエモンには珍しく“直筆”でメッセージを寄せている。本作で映画監督としてデビューする注目の作家・寺西一浩氏と、ホリエモンの映画出演を楽しみに待っていたファンに宛てた文面には、「映画 出られなくて残念です がんばって下さい!!堀江貴文」と、本作に出演したかった率直な思いをホリエモンらしく告白した。

昨年末、KDDIデザイニングスタジオで開催されたメインキャストを決める公開オーディションで審査員も務めた。若者たちが夢に向かって一生懸命頑張っている姿を見て共感したと言うホリエモン。昨年は舞台で主演を務めるなど、演技に対して真剣に取り組みたいと公の場でも語っていただけに、収監によって出演が見送られた事にはショックを隠しきれない様子だった。今回のホリエモン降板の事態を受け、寺西一浩監督のスポークスマンは北京で取材に応じ、「脚本が完成しましたが、このような事態となりとても残念です。堀江さんの代役は制作発表の際に改めて発表させて頂きます」と回答。すでに決定しているキャストは引き続き抜擢される。

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年6月20日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら