<レコチャ広場>「車を買うべきか、買わざるべきか」、村上春樹作品の翻訳者が語る

<レコチャ広場>「車を買うべきか、買わざるべきか」、村上春樹作品の翻訳者が語る
27日、村上春樹氏作品の中国語翻訳者として知られる林少華氏が「車を買うべきか、買わざるべきか。それが問題だ」と題した記事を中国のブログサイトに掲載した。写真は4月、上海モーターショーに出展されたマセラティ社製の高級車。<a href="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52420">【その他の写真】</a>(Record China)
       
2011年6月27日、村上春樹氏作品の中国語翻訳者として知られる林少華(リン・シャオホア)氏が「車を買うべきか、買わざるべきか。それが問題だ」と題した記事を中国のブログサイト・新浪博客に掲載した。

勤務先の大学までスクールバスで通っている。ある雨の日、バス停を通りがかった同僚から「なぜ車を買わない?そんな苦労もなくなるのに」と聞かれた。「人生とは苦労の連続だよ」と答えたが、半年で同じ質問をもう何度も受けている。シェイクスピアの名言を借りれば「車を買うべきか、買わざるべきか。それが問題だ」といったところ。これが2、30年前なら「飯を食うべきか、食わざるべきか」になっていたか。

【その他の写真】

別に雨が好きなわけでもなければ、経済力がないというわけでもない。ハマーやBMW、マセラティといった高級車には手が出ないが、シャレードや奇瑞(チェリー)あたりなら大丈夫だろう。それに、自慢ではないがマセラティとは20数年前からの付き合いだ。村上春樹氏の「ダンス・ダンス・ダンス」を翻訳した時、映画スターの五反田君が乗っていた。

「マセラティ」の中国語訳には苦労した。当時は1番「スゴイ」人でもせいぜいレンガ大の携帯電話を片手にいすゞのバイクを乗り回す程度。どうせ誰もマセラティなど分からないのだからと当て字をあてがった。そのため長い間、マセラティは「馬賽拉蒂」だった。話しが脱線したが、筆者はスクールバスが好きだ。四季折々の景色を楽しみながらの短い

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月29日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。