「ウイルス詐欺」が横行、偽の感染警告で対策ソフト購入、被害額は年12億円以上―中国

「ウイルス詐欺」が横行、偽の感染警告で対策ソフト購入、被害額は年12億円以上―中国
26日、中国で「ウイルスに感染した」と偽の警告で脅かし、ネットユーザーにアンチウイルスソフトを買わせる“ウイルス詐欺”が横行している。写真は北京で売られているアンチウイルスソフト。(Record China)
       
2011年9月26日、中国の国営テレビ・中央電視台(CCTV)によれば、PCを安全にインターネットに接続するにはアンチウイルスソフトが欠かせないが、ウイルスに感染したとの警告によってユーザーがお金をだまし取られるケースが相次いでいる。チャイナデイリー(電子版)が伝えた。

【その他の写真】

それによると、あるユーザーがパソコンで映画を見ようとしてインターネットに接続したところ、画面に「ウイルスに感染しました」との警告が表示された。警告を閉じても再び表示されたので、誘導されるがままに操作した結果、月額20元(約240円)でアンチウイルスソフトを購入する羽目に。それでもウイルスは駆除できず、完全にムダ金を支払わされた形となった。

インターネットセキュリティの専門家によれば、実際にはこうしたウイルスやトロイの木馬に感染したという警告はウェブページに埋め込まれている画像にすぎず、閲覧者をびっくりさせ、アンチウイルスソフトを購入させることが目的。

調べによれば、数百万にのぼるとされる違法なウェブサイトの多くでこのような“ウイルス詐欺”が行われており、中国のネットユーザーの直接的な被害額は少なくとも1億元(約12億円)規模にのぼるとみられている。(翻訳・編集/岡田)

【関連記事】
セキュリティソフトのシェア争いが白熱化、自らウイルス撒く会社も―中国紙
有名アナのプライベート・ヌード写真が流出=コンピューターウイルス用いた詐欺事件―中国
<ウイルス>「お祈りパンダ」の捜査続く、全容疑者逮捕で「亜種」の可能性断つ―湖北省
「パンダの焼香」ウイルス作者に懲役4年!就職失敗のうっぷん晴らして金儲け―中国
「ウイルス製作が一種の産業化」!半年で13万の新種が生まれ、PCの半数が感染―中国
レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。