バーチャル・ドラッグパーティーで1万2000人を摘発、14歳の参加者も―中国

バーチャル・ドラッグパーティーで1万2000人を摘発、14歳の参加者も―中国
10月31日、中国でこのほど初めてビデオチャットサービスを通じたドラッグ販売、使用が摘発された。写真は北京の薬物中毒者更生施設。(Record China)
2011年10月31日、シンガポール華字紙・聯合早報は、中国で初めてビデオチャットサービスを通じたドラッグ販売、使用が摘発されたと報じた。

【その他の写真】

中国公安部の発表によると、今回の摘発で1万2000人以上が逮捕された。押収された薬物は150キロ以上。ほとんどが35歳以下と若く、最年少で14歳のドラッグ利用者もいた。

単にネットサービスを利用してドラッグを売買していただけではなく、ビデオチャットを通じて同じ音楽を聞きながらドラッグを利用するという、ネット集団ドラッグ体験が広がっていた。同時に100人が集まることもあったという。(翻訳・編集/KT)

【関連記事】
世界のネット犯罪被害額1140億ドルに 違法薬物取引額を超える―シマンテック
薬物販売に関与か、日本人の男3人を拘束―広東省珠海市
薬物中毒者121万8000人、新型ドラッグの利用者が急増―中国
外国人麻薬密輸犯も死刑にする中国、その態度を見習おう―ロシア紙
ラオスの経済特区、麻薬取引の資金洗浄に利用される危険性も―香港紙

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年11月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。