<サッカー>中国にサッカー熱はない=中国代表のカマーチョ監督がぼやき―中国

<サッカー>中国にサッカー熱はない=中国代表のカマーチョ監督がぼやき―中国
10月8日、W杯アジア3次予選前の中国代表の練習。(Record China)
2011年11月、サッカー中国代表のホセ・アントニオ・カマーチョ監督はラジオ局の取材に答え、「中国の球技といえば、卓球とバドミントンが主流なので、指揮をとるのは大変だ」とぼやいた。6日、京華時報が伝えた。

【その他の写真】

どん底の中国代表を復活させる切り札として、今夏就任した「名将」カマーチョ監督。しかし、2014年ブラジルW杯のアジア3次予選では1勝2敗の3位。このままいけば最終予選に進むことすらできずに敗退が決まる。

こうした状況にカマーチョ監督もストレスをためているようだ。取材に答え、「言葉の違い、文化の違いがチームの指揮をきわめて困難にしている。特にトレーニングで問題を感じる」と嘆いた。また代表だけではなく、中国サッカー界全体が大きな困難を抱えていると指摘した。

それはすなわちサッカー熱の低さ。6日、スペインリーグのレアル・マドリード対オサスナの一戦があった。かつて両チームを率いた経験のあるカマーチョ監督は必ず見ると話したが、中国で試合が放映されるとしたら、卓球やバドミントンの試合がない時だけだろうと話している。(翻訳・編集/KT)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年11月7日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。