<ヴォイス>梁啓超の日本語―中国ネットユーザー

中国のネットユーザー「vacuumloner」さんはミニブログに清末民初の政治家・歴史学者の梁啓超(リャン・チーチャオ)に関する文章を発表した。以下はその内容。

梁啓超は1898年の「戊戌の変法(政治改革運動)」失敗後に日本へ逃亡。逃亡中、彼は船の上で日本の書物を数日見ただけで日本語を理解したと言った。これに対する私の分析は、当時の日本書物は漢字が多く使われ、大まかに理解できたはずだ。しかし今の日本書物は外来語が多く使われている。また、彼の“理解した”は大まかに内容を理解したに過ぎず、聞いたり、話したり、書いたりすることは出来なかったはずだ。(翻訳・編集/内山)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年11月9日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。