謎だらけ映画「大魔術師」、トニー・レオンがラウ・チンワンにダメ出し連発!―上海市

謎だらけ映画「大魔術師」、トニー・レオンがラウ・チンワンにダメ出し連発!―上海市
10日、映画「大魔術師」の発表記者会見が行われ、出演者のトニー・レオン、ラウ・チンワンが出席した。(Record China)
2011年11月10日、映画「大魔術師」(英語題:The Great Magician)の発表記者会見が上海市で行われ、出演者のトニー・レオン(梁朝偉)、ラウ・チンワン(劉青雲)が出席した。捜狐網が伝えた。

【その他の写真】

イー・トンシン(爾冬陞)監督「大魔術師」は、「レッドクリフ」から3年を経てやっとお目見えすることになったトニー・レオンの出演最新作。香港で来年1月12日から公開されるが、具体的なストーリーや出演者の人物関係は大部分が謎のまま。中華民国初期の中国を舞台に、トニーが天才マジシャンを、チンワンが軍閥の将軍を演じ、政治と権力と恋の駆け引きが繰り広げられるという。

同作では、初めてマジックに挑戦したトニー。作中でのマジックシーンは50回にも及び、イー監督は「とても素人には見えない」と、その器用な動きを絶賛している。どんなキャラクターもそつなくこなす演技派だが、今後最もやりたいのは、なんと“女装”。思わず噴き出すような厚化粧で、こってりした女性を演じてみたいという。

「大魔術師」からのオファーを引き受けたのは、チンワンと共演できるというのが理由の一つ。2人の共演は98年「暗花」以来13年ぶりで、北京語が苦手なチンワンは、トニーにからかわれないように1人でこっそり発音練習に励んでいた、と明かしている。

映画の主題歌「猜情人」は、トニーとヒロイン役のジョウ・シュン(周迅)がデュエットしている。当初はトニーとチンワンが歌う予定だったが、「チンワンの北京語がひどいので、お払い箱になった」と、トニーから悲しいコメントが。チンワンによると、イー監督の前で一小節を歌ってみたところ、「…もういいよ」と言われてそれっきりだったという。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2011年11月12日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら