台湾の元情報調査員、中国が誘い出して軟禁・軍事機密要求―台湾メディア

台湾の元情報調査員、中国が誘い出して軟禁・軍事機密要求―台湾メディア
19日、台湾・聯合報は「中国当局が退職した台湾の元情報調査員を狙い、旅行やビジネスを理由に中国へ誘い出し、軟禁して軍事機密情報を聞き出している」と伝えた。写真は台湾の対岸・中国福建省アモイ市に掲げられたスローガン「一国二制度、中国統一」。(Record China)
2012年3月17日、台湾・聯合報は「中国当局が退職した台湾の元情報調査員を狙い、旅行やビジネスを理由に中国へ誘い出し、軟禁して軍事機密情報を聞き出している」と伝えた。台湾側によると、これまでに少なくとも3人が被害に遭ったとみられる。中国台湾網が報じた。

【その他の写真】

被害に遭った元情報調査員・董建南(ドン・ジエンナン)氏は、在職中は台湾当局の「中台情勢研究所」に勤務。政治や経済など幅広い分野での情報収集にあたり、3~4年前に定年退職した。中国側の接触が始まったのは2009年。旅行やビジネス目的で中国に呼び出され、到着後は中国当局者が片時も離れず同行。ホテルに軟禁され、知っている軍事機密を話すよう迫られたという。

台湾当局によると、これまでに少なくとも3人が誘い出されたとみられるが、今後の調査でさらに増えそうだという。(翻訳・編集/AA)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年3月20日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。