中国人にとってニセの学歴は成功への近道!?―英誌

中国人にとってニセの学歴は成功への近道!?―英誌
7日、中国では「お金を払えば大卒の肩書が手に入る」という詐欺が横行。インターネット上には怪しげな大学のホームページが開設され、騙される若者が後を絶たないという。写真は瀋陽で押収された各種ニセ証書。(Record China)
2012年7月7日、英経済誌・エコノミストは「ニセの学歴、即席勉強」と題した記事を掲載した。環球時報が伝えた。

【その他の写真】

中国ではこの夏、700万人の大卒者が誕生する。やっと手にした卒業証書を武器に、少しでも良い条件の仕事につこうと彼らは必死だが、世の中にはニセの卒業証書を使って就職しようとする者も少なくない。北京市で3日、実在しない米国の大学への留学を斡旋し、詐欺罪で起訴された中国教育部の役人に対する裁判が開かれた。今年4月には実在しない米国の大学の学位証書を販売した詐欺集団の裁判も行われている。

実体のない怪しげな大学は、海外だけでなく中国国内にも100校以上ある。その多くがインターネット上にホームページを開設し、いかにもありそうな大学名と在学生と称する若者たちの写真を掲載し、入学生を募集している。今年6月に発覚した事件では、実在する山東軽工業学院の名前で開設されたコースに入学した学生68人が被害に遭った。彼らは卒業間近の4年後に騙されていたことに気づいたが、騙した人間はすでに姿を消していた。

こうした詐欺が中国で横行するのは、「就職のために大卒の肩書が欲しい」という若者が圧倒的に多いからだ。なかには「怪しげな大学のデタラメな卒業証書」と知りながら、多額の現金を支払ってでもこれを手に入れようとする者もいる。中国では何でも買えるのだ。学歴も金で買うのが当然なのだろう。

上海交通大学の熊丙奇(シオン・ビンチー)教授は「問題は政府の管理不足にある」と指摘する一方で、「中国人にとって学歴は金銭的価値のあるものだが、教育に価値はない」と話している。(翻訳・編集/本郷)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年7月10日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら