<尖閣問題>北京の秋葉原で日系デジタル製品の販売が大幅減=平均3割減、客足ゼロの日の店も―中国

<尖閣問題>北京の秋葉原で日系デジタル製品の販売が大幅減=平均3割減、客足ゼロの日の店も―中国
25日、尖閣諸島の領有問題の影響で日系デジタル製品の中国における販売高が激減している。日本製品の販売が全体的に3割落ち込んでいるという。写真は「中国の秋葉原」と呼ばれる北京の電脳街・中関村。(Record China)
2012年9月25日、北京商報によれば、尖閣諸島の領有問題の影響で日系デジタル製品の中国における販売高が激減している。

【その他の写真】

“中国の秋葉原”とも呼ばれる北京市の電脳街・中関村で日系デジタル製品を販売する店では客足がまばらとなっており、売り上げも大幅に減少している。ある店員は日本製品の販売が全体的に3割落ち込んでおり、一部商品は売り上げがおよそ7割も減少していると話す。

中関村の4大デパート・450店舗におけるデジタル製品の取引価格をもとにした「中関村電子情報製品指数」でも日系のデジタル製品は軒並み売り上げが落ち込んでおり、とくにテレビ、デジタルカメラなどの家電やコピー機、プリンターなどの販売が30%前後減少、プロジェクターも20%前後販売が減少している。

4大デパートの1つである海龍電子商城内のある販売店ではソニー製PCの販売がここ1カ月で半減、日本製品を販売している店では客がまったく訪れない日もあるという。(翻訳・編集/岡田)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年9月26日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。