<反日デモ>江沢民、胡錦濤、習近平……誰が暴徒化デモの主導者なのか?―米華字メディア

<反日デモ>江沢民、胡錦濤、習近平……誰が暴徒化デモの主導者なのか?―米華字メディア
24日、米華字ニュースサイト・博訊網は、陳維健氏のコラム「誰が反日を同胞への暴行にしたのか」を掲載した。写真は27日、河北省石家庄市で国慶節を記念して重量300キロ超の巨大な中国国旗が掲げられた。(Record China)
2012年9月24日、米華字ニュースサイト・博訊網は、陳維健(チェン・ウェイジエン)氏のコラム「誰が反日を同胞への暴行にしたのか」を掲載した。

【その他の写真】

「愛国」に名を借りた暴行・破壊・略奪は9月18日で終わった。しかし具体的な事件については今、ようやく知られるようになったばかりだ。西安市では日本車に乗っていたとして殴打され頭蓋骨骨折の重傷を負った男性がいる。北京市では80歳の老人が毛沢東を罵ったとして左派の大学教授に平手打ちされた。

同胞を暴行するに至った反日デモについて考える時、押さえておかなければならないのは中国には基本的にデモの自由がないということ。社会秩序維持を第一にしている中国政府がデモを野放しにしたのはなぜか。地方政府がデモを許し、そればかりか私服警官が破壊行為に加わっていたことはほぼ確実だろう。強制土地収用の事例を考えれば、警官が暴行に直接加担するのは珍しい話ではない。

また、デモが全国的な規模であったこと、警察・司法、宣伝、外交の3部門の協力が必要だったことから考えれば、江沢民派、胡錦濤派、習近平派のいずれかの勢力が主導したことは明らかだ。我々は誰が首謀者であったのか暴かなければならないし、呼び掛け一つで義和団、文革の時代に戻ってしまう中国人の国民性を反省しなければならない。(翻訳・編集/KT)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 胡錦濤 日本
レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年9月29日の中国記事

「胡錦濤 + 日本」のおすすめ記事

「胡錦濤 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「習近平」のニュース

次に読みたい関連記事「習近平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「李克強」のニュース

次に読みたい関連記事「李克強」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら