“歌神”ジャッキー・チュンが主題歌、チョウ・ユンファの最新作「大上海」で―香港

“歌神”ジャッキー・チュンが主題歌、チョウ・ユンファの最新作「大上海」で―香港
13日、チョウ・ユンファ主演の映画「大上海」で、香港の“歌神”と呼ばれるジャッキー・チュンがテーマ曲を歌っている。写真はアンドリュー・ラウ監督(左)とジャッキー・チュン(右)。(Record China)
2012年11月13日、チョウ・ユンファ(周潤發)主演の映画「大上海」で、香港の“歌神”と呼ばれるジャッキー・チュン(張学友)がテーマ曲を歌っている。大紀元が伝えた。

【その他の写真】

チョウ・ユンファ、アクションスターのサモ・ハン洪金宝)、中国の人気俳優ホアン・シャオミン(黄暁明)らが出演する「大上海」。1920年代の上海を舞台にマフィアの抗争を描くハードボイルド・アクションで、中国や香港で来月22日から公開される。

主題歌の「定風波」を歌うのは、“歌神”こと歌手で俳優のジャッキー・チュンであることがわかった。プロデューサーのアンドリュー・ラウ(劉偉強)が熱いラブコールを送って実現したものだという。ラウ氏は「インファナル・アフェア」シリーズなどさまざまなヒット作の監督として知られる。

主演のユンファについて「大ファン」と自認するジャッキーだが、ファンとして最も見たいユンファの姿は「マフィアのボス」か「二丁拳銃で戦う姿」だという。今回の映画はそのマフィアのボス役を演じると知って、うれしさのあまり、楽曲をもらう前からOKサインを出したことを明らかにしている。

“歌神”参戦を知り、ユンファも大喜び。実は80年代にアルバムを2枚リリースし、歌手としての過去も持っているユンファだが、俳優一本で活動しようと決心したきっかけは「ジャッキーの出現だった」と、甘いリップサービスも披露。「当時、彼の歌を聞いて“歌神”になる、と確信した。僕としては立場がないから、映画に専念することにした」などと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年11月14日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。