「修正液でマウス中毒死」、ネットに画像広がり中国で波紋―台湾メディア

「修正液でマウス中毒死」、ネットに画像広がり中国で波紋―台湾メディア
12日、中国で「紙に書いた文字を消す際に使う修正液をマウスが入ったビーカーにたらしたところ、3分で中毒死した」とする画像が波紋を呼んでいる。写真は修正液。(Record China)
2012年12月12日、台湾NOWnews(今日新聞網)によると、中国で「紙に書いた文字を消す際に使う修正液をマウスが入ったビーカーにたらしたところ、3分で中毒死した」とする画像がインターネット上に拡大し、市民の間に波紋を呼んでいる。

【その他の写真】

ネット上に掲載された写真によると、ビーカーの底に修正液をたらした脱脂綿を置き、その上にマウス2匹を入れたところ、3分後に死んだという。専門家によると、修正液には塩化メチレン、トリクロロエタンなどが含まれており、人体の神経系統に作用し、めまいやふらつき、食欲減退などを起こす可能性があるという。このため医師の1人は「刺激に敏感な人はできるだけ遠ざけるように」と提言。子供はなるべく直接触れないようにし、使った後は手をよく洗うよう勧めている。(翻訳・編集/AA)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年12月13日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら