中国の高成長はもう終わったのか?「新人口ボーナス」で再び前進と専門家―中国

中国の高成長はもう終わったのか?「新人口ボーナス」で再び前進と専門家―中国
16日、中国の専門家は中国が中所得国の罠に落ち込むのではとの懸念を一蹴している。写真は上海の金融街を歩く出稼ぎ労働者。(Record China)
2012年12月16日、北京大学社会科学学部主任、光華管理学院名誉院長の●以寧(リー・イーニン、●はがんだれに萬)氏は、鳳凰財経サミットに出席した。17日付でシンガポール華字紙・聯合早報が伝えた。

【その他の写真】

2012年、経済成長鈍化という事態に直面した中国経済。外需など短期的な要因が問題との見解もある一方で、労働人口の増加という人口ボーナス、改革開放以来続いた改革ボーナスが終焉したためという長期的な要因が足を引っ張っているとの意見もある。

後者の場合、中国の高成長が終わりを迎えたのではと悲観的な見解もあるが、リー主任はその見解を否定。一般的な人口ボーナスが終焉したとしても、より高度な訓練を受けた人材の数が増える新たな人口ボーナスが始まること、さらには海水淡水化技術や砂漠の利用など今まで使えなかった資源が使えるようになる資源ボーナスが発生すると主張した。

低所得国から中所得国までは順調に成長しても、そこから先進国になることは難しい。これを「中所得国の罠」と呼ぶが、リー主任は中国は中所得国の罠を回避して経済成長を続けると分析した。(翻訳・編集/KT)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年12月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら