ハト派的「経済路線」か、タカ派の軍事路線か=安倍政権の選択次第で日本の命運は決まる―台湾紙

ハト派的「経済路線」か、タカ派の軍事路線か=安倍政権の選択次第で日本の命運は決まる―台湾紙
18日、台湾・聯合報は、首相に返り咲く自民党の安倍総裁が、政権を投げ出した恥をそそぐことができるかどうかは、選択する路線にかかっていると伝える記事を掲載した。写真は東京・新橋。(Record China)
2012年12月18日、台湾・聯合報は、首相に返り咲く自民党の安倍総裁が、政権を投げ出した恥をそそぐことができるかどうかは、選択する路線にかかっていると伝える記事を掲載した。

【その他の写真】

日本の有権者にとって今回の選挙の唯一の目的は、無能な民主党を政権から追い落とすことだった。大きな期待を背負って出発した民主党政権は、津波、原発事故、経済危機、釣魚台(尖閣諸島)事件に見舞われて浮き足立ち、無様な姿をさらして国民から見捨てられた。

3年前に政権を失った自民党が面目を一新したとは言い難い。しかし、日本人は半世紀にわたって日本の舵取りをしてきた自民党を信じるしかなかった。少なくとも、「子どもに車を運転させるような」危険はない。戦後最低となった投票率も、日本人がいまだ自民党を見限ったときの気持ちから抜け出せずにいることの表れだ。「腐ったリンゴ」の中からマシなものを選ぶ気にもなれなかったのだろう。

今回の選挙で、日本が大きく右傾化したことは好ましからぬ兆候だ。安倍氏は憲法改正、釣魚台への人員配置、靖国神社参拝、慰安婦問題に関する謝罪談話の撤回など、タカ派的公約を打ち出している。これがすべて実行されれば、東アジアから安息の日々が失われるだけでなく、日本社会も大きく動揺することだろう。

国際社会が最も注目しているのは、自民党が本当に憲法を改正して、自衛隊を「自衛軍」とし、軍国主義の再来をもたらすのかという点だ。自民党の長年のパートナーである公明党は憲法改正反対を掲げているが、今回54議席を獲得した石原慎太郎を筆頭とする日本維新の会が控えている。自民と日本維新の会が協力すれば、東アジアだけでなく、世界に大きな波を巻き起こす可能性がある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 尖閣諸島 中国
レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年12月19日の中国記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事

「尖閣諸島 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュース

次に読みたい関連記事「尖閣諸島」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら