民主主義、司法と中央銀行の独立、言論の自由……インド経済が中国に勝利する理由―米メディア

民主主義、司法と中央銀行の独立、言論の自由……インド経済が中国に勝利する理由―米メディア
18日、ブルームバーグはコラム「なぜインドは中国にとって代わるのか?」を掲載した。中国経済が転機を迎えた今、インドのほうが優位に立つ点が複数あると説いている。写真はインド・コルカタ。(Record China)
2012年12月18日、ブルームバーグはコラム「なぜインドは中国にとって代わるのか?」を掲載した。

【その他の写真】

世界第二の経済体にのし上がった中国。この中国こそが発展途上国の先頭ランナーだ。多くの人々がそう信じているが、賭けてもいい。インドが中国を抜き、世界で最も影響力ある経済体になるだろう。

中国経済は2008年まで、欧米から移転してきた製造業によって支えられていた。いまだに輸出依存体質は高く、中国が生み出した製品のうち自国で消費する比率は38%にすぎない。中国政府は内需を高めようとしているが、貯蓄率は高止まりしたままだ。

中国は昨年、最低賃金を20~30%も大幅に引き上げたが、その結果、労働集約産業はベトナム、バングラデシュ、パキスタンに移転する傾向を見せている。一人っ子政策の影響で、中国の労働人口の増加がストップしたことも影を落としている。

一方、インドの人口政策はゆるやかだ。そして中国同様、急成長する中産階級がある。さらに英国の植民地統治が残した民主主義と議会政治、英国流の法制度の伝統がある。一党独裁で司法すらも共産党の支配下にある中国とは違うのだ。

また国が支配している中国人民銀行とは異なり、インドの中央銀行は独立を保っている。国のプロパガンダ装置と化している中国メディアとは異なり、インドのメディアは活力に満ち、言論の自由を守っている。

これらの理由こそが私がインドに賭ける理由だ。(翻訳・編集/KT)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年12月21日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。