大規模な地下鉄建設計画は中国の過剰投資リスクの象徴―香港紙

大規模な地下鉄建設計画は中国の過剰投資リスクの象徴―香港紙
18日、香港紙は地下鉄の建設計画を例に挙げ、中国の過剰なインフラ投資を紹介した。写真は地下鉄の建設のため爆破解体された南昌市の書店。(Record China)
2012年12月18日、香港の英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは「中国の大規模な地下鉄建設が投資リスクを象徴している」と題した記事を掲載し、地下鉄の建設計画を例に挙げ、中国の過剰なインフラ投資を紹介した。19日付で環球時報が伝えた。

【その他の写真】

欧米経済の低迷を受け、中国政府は再び投資を拡大して経済成長を維持しようと試みている。その結果、今年6月までに全国23の都市で地下鉄の拡張や新設が認可された。人口約300万人の江西省南昌市は、その中でも最も規模が小さい都市の1つである。同市政府は「地下鉄は将来人口が増加した時のニーズを満足させ、大都市の仲間入りを促進させる」と語る。

しかし、経済学者などの目には「過剰」と映る。中国では昨年とほぼ同じく、今年も投資が国内総生産(GDP)成長の約半分を占める。投資に依存し過ぎた成長は、無駄を生み、財政負担を増加させる。

市民の中にも「過剰」を肌で感じている人たちがいる。地下鉄の敷設が予定されている南晶市のある村では、行き交う人々よりも家畜の方が多いような状況だという。雑貨店の経営者は「ここには人がほとんどいない。10数年相変わらずの状況だ」と話し、地下鉄への投資に見合うような乗客が本当にやって来るのか疑問を呈した。

当然ながら、中国の地下鉄計画がすべて過剰というわけではない。専門家は「地下鉄の拡張は過疎の地域をいずれ人口密集地域へと成長させ、都市の環境計画面では未然の対策となる」とし、人口が過度に集中する大都市ではまだまだ投資空間は大きいと指摘する。

しかし、南晶市はそうした例には当てはまらない。人口が少なく、財政的にも厳しい同市は、地下鉄の建設にふさわしいかどうかも含め、投資によって成長を維持・促進する中国モデルのリスク例として研究する価値があるかもしれない。

一方で、多くの市民は経済学やコストについては無関心である。ある市民は「地下鉄の建設は良いことに決まっている。われわれもやっと生活を享受できる時が来たんだ」と話している。(翻訳・編集/HA)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2012年12月21日の中国記事

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。