<体のフシギ>怒りっぽい人の方が長生き?感情は表に出すほうが健康的―独研究者

<体のフシギ>怒りっぽい人の方が長生き?感情は表に出すほうが健康的―独研究者
27日、怒りっぽい人の方が長生きすることがドイツの研究で分かった。写真はケンカする中国人。(Record China)
2012年12月27日、独イェーナ大学の研究者が6000人を対象に行った調査研究によると、かんしゃくを起こしたり、負の感情を表に出すことは、長期的に健康を維持する上で重要な要素であり、寿命が数年延びるという。つまり、感情を表に出すイタリア人やスペイン人の方が、感情を抑えようとするイギリス人よりも長生きということになる。国際在線が英デイリー・メール紙の報道を引用して伝えた。

【その他の写真】

研究によると、負の感情を押し殺そうとする人ほど高血圧や冠状動脈性心臓病、がん、腎臓損傷などの病気にかかりやすいことが分かった。イェーナ大学の研究者・Marcus Mund氏は「感情を抑圧する人は特に危険だ。彼らはいつも防御行動を通じて負の感情を隠そうとし、リスクを避け、いつも自分の感情を抑えようとしている。イライラを表に出したり、ストレスを晴らすのが得意な人に比べ、『抑圧者』は心拍数と脈拍が速い傾向がある」と指摘した。

しかし、悪いニュースばかりではない。『抑圧者』は一部の病気にかかるリスクは高いが、自己回復のスピードも早いという。Mund氏は「彼らは自分の感情を制御しているため自律的で、ライフスタイルに積極的に適応できる」と語った。(提供/人民網日本語版・翻訳/SN・編集/TF)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。