中国ポータルサイト大手、集英社・バンダイと業務提携=海外進出図る―中国メディア

中国ポータルサイト大手、集英社・バンダイと業務提携=海外進出図る―中国メディア
21日、第一財経日報によると、中国のポータルサイト大手「騰訊(テレセント)」傘下のオンラインゲーム関連サイト「騰訊遊戯」は17日、集英社、バンダイナムコゲームスと業務提携に関する契約を交わした。(Record China)
2013年1月21日、第一財経日報によると、中国のポータルサイト大手「騰訊(テレセント)」傘下のオンラインゲーム関連サイト「騰訊遊戯」は17日、集英社、バンダイナムコゲームスと業務提携に関する契約を交わした。騰訊遊戯は昨年4月にも、ディズニーと提携契約を交わしており、海外の名作アニメの力を借りて世界オンラインゲーム市場のチャンスをつかみたい考えだ。

【その他の写真】

今回の業務提携により、騰訊遊戯は傘下の漫画・アニメ配信サイトで集英社の「NARUTO-ナルト-」や「ワンピース」など人気マンガ11作品の電子版を配信する権利を獲得。バンダイナムコゲームスとの業務提携では、オンラインゲーム「NARUTO OL」を打ち出す。バンダイナムコゲームスの渡辺浩考ゼネラルマネージャーは「バンダイナムコゲームスが世界市場向けにパソコン用オンラインゲームを製作するのは初めて。騰訊はこのゲームを世界に先駆けて配信する権利を持つ」と説明した。

騰訊遊戯は昨年から、「エンタメ化」戦略を体系的に推し進めており、IP(知的財産)ライセンスを柱に、ゲーム運営、ネットワークプラットフォームを土台とした多分野・プラットフォームの全く新しいビジネスモデルを模索してきた。騰訊インタラクティブ・エンターテインメント事業部の程武(チョン・ウー)副総裁は17日、今回の提携は戦略的構想の現れだと語った。

しかし騰訊遊戯の野望はこれにとどまらない。程氏は「著作権は最重要事項ではない」と語り、今後原作アニメの版権を中核として、書籍、映画、テレビ、ゲームなど文化関連産業をリンクさせた全く新しい発展モデルを模索する方針を明らかにした。現在の想定では、同社のインスタントメッセンジャー「QQ」に名作アニメのキャラクターを使った有料アバターを追加するほか、モバイルメッセージサービス「微信(WeChat)」などとの連携も図るという。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年1月22日の中国記事

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリババ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュース

次に読みたい関連記事「鴻海精密工業」のニュースをもっと見る

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。