<尖閣問題>日中の学者が議論、「両国は問題発生以前の状況には戻れない」―米国

<尖閣問題>日中の学者が議論、「両国は問題発生以前の状況には戻れない」―米国
27日、米国に在住する日中両国の学者9人が尖閣問題解決の方向性について話し合った。資料写真。(Record China)
2013年1月27日、ウッドロウ・ウィルソン国際学術センターとジョージ・メイソン大学の協力により、米国に在住する日中両国の学者9人が尖閣問題解決の方向性について話し合った。30日付で中国評論新聞が伝えた。

【その他の写真】

ウィルソン国際学術センターの公共政策学者・汪錚(ワン・ジョン)氏は、尖閣問題で両国が現在直面しているのは、どちらが先に一歩譲るか、メンツを失わずに舞台を降りるかという栄誉の問題であると指摘した。

汪氏は「中国側の強烈な観点は、日本が先に従来の状況やバランスを壊したという点だ。現在日本でも、これが発生していない従来の状況に改めて戻ることを多くの人が意見として出している。しかし、中国側としては、尖閣諸島近辺の領海の基線を昨年9月にすでに公布しており、従来の状況に戻ることは不可能。現段階では新たな均衡点を見つけなければならないが、非常に難しい状況だ」と語った。

一方、ジョージ・メイソン大学の客員教授・新井達司氏は、「尖閣問題は日中、米中、日米、中台関係だけでなく、日本政府と沖縄県の関係にも絡んでおり、非常に複雑で、すべてを考慮した解決プランが必要だ。当面の急務は、日中双方がある種の行動の原則を作った上で、観点の一致した事柄については共同歩調をとり、不一致の事柄は保留することだろう」と主張した。(翻訳・編集/HA)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年1月31日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら