ニコラス・ケイジ、中国での人気に感謝!“駄作キング”の汚名に反論―上海市

ニコラス・ケイジ、中国での人気に感謝!“駄作キング”の汚名に反論―上海市
2日、米人気俳優ニコラス・ケイジが上海市で、最新作「ゲットバック」のキャンペーンに登場。中国メディアのインタビューに答えた。(Record China)
2013年3月2日、米人気俳優ニコラス・ケイジが上海市で、最新作「ゲットバック」のキャンペーンに登場。中国メディアのインタビューに答えた。東方早報が伝えた。

【その他の写真】

「コン・エアー(97年)」のサイモン・ウェスト監督とニコラス・ケイジが15年ぶりにタッグを組んだ、サスペンス・アクション映画。中国では今月1日に封切られ、これに合わせて中国入りしたニコラス・ケイジが2日、上海市でキャンペーンを開催した。

1995年の映画「パラダイスの逃亡者」が、中国で公開された最初のニコラス・ケイジ主演作。彼の主演作テーマはどれも中国の観客の好みに合うということで、ほぼ毎年作品が公開されている。このため、「中国で最も露出度が高いハリウッドスター」とも言われる。

ウェスト監督と15年ぶりに手を組んだニコラスは、「とても新鮮だった。お互いの変化と成長を感じた」と感想を述べている。また、中国で圧倒的な支持を受ける理由について、「自分自身の姿を見せたくて、アクションシーンをできるだけ自分で演じるからだろう」と語っている。ニコラス主演映画は中国で、記録的ヒットとはいかないまでも、いずれも安定した数字をマークしてきた。固定ファンをつかんでいる中国市場を重視しており、「中国の観客の友達になれて、とても光栄に思う」とリップサービスも忘れていない。

ただ、ここ数年、数多くの映画に出演しつつも興行的に成功とは言えず、“駄作キング”の汚名まで登場している。「役者として最も怖いのは、映画への興味を失うこと」と語るニコラス。自身は新鮮な感覚をキープするため、数多くの役を演じているのだという。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年3月3日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら