国民の塩分取り過ぎ防止のため、「スープなしの日」を制定―韓国

国民の塩分取り過ぎ防止のため、「スープなしの日」を制定―韓国
13日、韓国食品医薬品安全庁は国民の塩分の取り過ぎを防止するため、3月13日を「スープなしの日」に制定した。写真は韓国料理。(Record China)
2013年3月13日、韓国・聯合ニュースによると、韓国食品医薬品安全庁は国民の塩分の取り過ぎを防止するため、3月13日を「スープなしの日」に制定した。さらに、毎月第3水曜日を「スープなしの日」とし、塩分取り過ぎ防止キャンペーンを展開していくことを宣言した。国際在線が伝えた。

【その他の写真】

世界保健機関(WHO)が定めた指針では、成人の1日当たりのナトリウム摂取量の上限は2000mgとなっている。一方、韓国人の75%が1日3食とも何らかの形で塩分を多く含んだ汁物の食物、例えば、味噌汁や煮込み料理、麺類などを食べているという。11年のデータによると、韓国人の1日平均のナトリウム摂取量は4831 mgで、WHOの指針の2倍以上に達している。専門家は、韓国人はスープを飲む習慣があるので、食事の時にたとえ塩辛いものを食べなかったとしても、摂取している塩分の総量は基準を超えていると指摘する。

このため、韓国食品医薬品安全庁は3月13日を「スープなしの日」として制定するとともに、毎月第3水曜日を「スープなしの日」と定め、「1日3食のうち、少なくとも1食はスープを飲まない」を目標に、キャンペーン活動を実施していくことを決定した。(翻訳・編集/HA)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年3月14日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら