がんによる死者数は年250万人=がん患者数、死亡率が急増する中国―中国メディア

がんによる死者数は年250万人=がん患者数、死亡率が急増する中国―中国メディア
8日、中国新聞週刊は中国のがん患者数が急増していると報じた。6分に1人、新たながん患者がみつかっている計算となる。写真は浙江省紹興市。野菜卸売市場に隣接する川は真っ黒に汚れ、「墨汁河」と呼ばれている。(Record China)
2013年4月8日、中国新聞週刊は中国のがん患者数が急増していると報じた。

【その他の写真】

全国腫瘤登記センター発表の「2012中国腫瘤登記年報」は驚くべき数字を伝えている。「中国では毎年、新たに350万人のがん患者が見つかっている。がんによる死者は約250万人」「中国全土で約6分に1人のがん患者が見つかっている計算で、7~8人に1人はがんで死亡する」。

驚くべきはがん患者数は今なお増え続けているという点だ。全国腫瘤登記センターの陳万青(チェン・ワンチン)副主任は「今後10年、中国のがん発症率と死亡率は増加し続ける。2020年には毎年の死者数は300万人に、感染者数は660万人に達する」と予測している。

がんの多発は過去数十年間の社会発展が環境、人口構造、生活スタイルを変化させたことの結果である。新型肺炎(SARS)のように短期的な対策では解決することはできない。いち早くがん対策の国家戦略を打ち立てなければ、被害は今後数十年、子孫にまで及ぶことになる。(翻訳・編集/KT)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年4月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。