大学で「漫画から見る日本」開設、1000人が殺到―台湾

大学で「漫画から見る日本」開設、1000人が殺到―台湾
10日、台湾政治大学には「漫画から見る日本」という一般教養科目があり、毎学期1000人を超える学生が殺到する。その人気ぶりは人気漫画家のサイン入り限定コミック販売に匹敵するほどだという。(Record China)
2013年4月10日、台湾政治大学には「漫画から見る日本」という一般教養科目があり、毎学期1000人を超える学生が殺到する。その人気ぶりは人気漫画家のサイン入り限定コミック販売に匹敵するほどだという。台湾メディアの報道として中国新聞社が伝えた。

【その他の写真】

この授業を担当する蔡増家(ツァイ・ズンジア)教授の研究分野は日本の行政経理制度や国際金融政治などで、かなり以前に「日本の政治経済研究」という授業名で関連の一般教養科目を開設したことがあるが、その頃は選択する学生は毎学期20人にも満たなかった。「当時は本当に憂うつだった」と語る蔡教授は、幼い頃から漫画を読むのが好きで、あれこれ思案して、「漫画」をツールとして利用することを決意し、その結果、一般教養の授業に学生を呼び込むことに成功した。

2007年から始まった「漫画から見る日本」は、有名な漫画「サンクチュアリ」(中国語名・聖堂教父)や「課長島耕作」などを教材として使用している。「サンクチュアリ」では日本の金権政治について語り、「ドラゴン桜ありがとう」(中国名・東大特訓班)では日本の教育について討論。「大使閣下の料理人」では日本外交政策を考察するといったように、毎学期13シリーズの漫画とテーマをカリキュラムに組んでいる。これ以外にも、参考資料として70作品以上を用いる。

同授業は毎学期、授業登録のスタートと同時に申し込みが殺到、120人の定員が一瞬にして埋まり、1000人以上がキャンセル待ちの状態になる。開設から現在まで6年が過ぎたが、「漫画から見る日本」の授業科目は今では台湾政治大学で最も有名な一般教養科目となり、中には6学期を通しても選択できず、4年生になって初めて選択できるという学生もいるほどだ。

蔡増家氏によると、日本は漫画を通して観察するのに最も適した国であるという。「日本の漫画は、書籍と同様に多種多様であるが、中には知識性や時事性に富んだ写実的な漫画もある。すでに伝統的な観念の漫画とは異なる存在となっている」と語った。(提供/人民網日本語版・翻訳/MZ・編集/TF)

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年4月13日の中国記事

次に読みたい関連記事「行政」のニュース

次に読みたい関連記事「行政」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら