「駄作の女王」レッテル貼られたリン・チーリン、原因はマネジメント窓口の多さ?―台湾

「駄作の女王」レッテル貼られたリン・チーリン、原因はマネジメント窓口の多さ?―台湾
27日、台湾の女優リン・チーリンの出演作はいずれも駄作のレッテルを貼られてしまっているが、その理由は「マネジメントを引き受ける窓口が複数存在するから」だという。写真はリン・チーリンとアンディ・ラウ。(Record China)
2013年6月27日、台湾の女優リン・チーリン林志玲)の出演作はいずれも駄作のレッテルを貼られてしまっているが、その理由は「マネジメントを引き受ける窓口が複数存在するから」だという。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

チーリンの最新主演映画で、香港の俳優アンディ・ラウ(劉徳華)と共演した「天機・富春山居図」は、劇場公開された直後から「駄作中の駄作」と悪評が噴出している。地元・台湾では悪評にまつわるメディアの攻撃からチーリンを守るため、プレミア上映会までが急きょ中止された。そのためか、公開からの1週間で興行成績わずか76万台湾ドル(約250万円)という、悲惨な状況に陥っている。

台湾トップモデルと言われたチーリンが女優転身を図ったのは、2008年のジョン・ウー(呉宇森)監督映画「レッドクリフ」から。以来、5年間で9本の映画に出演したが、興業面および世間の評判として成功したのは「レッドクリフ」と、昨年の「101回目のプロポーズ」のみ。残る7本の興業成績は惨たんたるものだった。すっかり、“花瓶(お飾り女優)”のレッテルを貼られている。

彼女はなぜ、何度も駄作に出演し続けるのか?台湾メディアによると、台湾・香港・中国、それぞれに彼女のマネジメントに携わる窓口があり、さらに横のつながりが希薄なため、トラブルを生んでいるという。例えば「天機・富春山居図」の場合、台湾のマネジャーはオファーを断っていたが、別の窓口となる香港の映画会社が引き受けていた。また、彼女のこれまでの共演相手はアンディ・ラウやジェイ・チョウ(周杰倫)など、大物スターばかり。ビッグネームと名前を並べるチャンスとしてオファーに飛びつくのも、駄作出演を生む原因とされている。

「天機・富春山居図」についてチーリン自身は、「最初の選択を後悔するより、前向きになって前進したい。映画は1人で作るものではないし、世間の評価についてはどんな結果もスタッフと一心同体となって受け入れたい」と話している。(翻訳・編集/Mathilda)

あわせて読みたい

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年6月28日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら