「反韓」の高まりで日本社会の雰囲気が悪化=中国にとってのヒントにも―日本華字紙

「反韓」の高まりで日本社会の雰囲気が悪化=中国にとってのヒントにも―日本華字紙
4日、日本の華字紙・日本新華僑報は、日本での反韓感情の高まりによって起こっている粗野な言動について、「謙虚」、「礼儀正しい」という国際的イメージから、幾分かけ離れた状態にあると伝えた。資料写真。(Record China)
2013年7月4日、日本の華字紙・日本新華僑報は、日本での反韓感情の高まりによって起こっている粗野な言動について、「謙虚」、「礼儀正しい」という国際的イメージから、幾分かけ離れた状態にあると伝えた。

日本人は、常に「謙虚」、「礼儀正しい」といった言葉で形容されるが、民族の性格とは不変のものではなく、あらゆる人がそこに含まれるわけでもない。

文明的という評価で名をはせている大和民族が、近頃はそれに反する状態にあるようにみえる。朝日新聞の英字版ウェブサイトによると、今年5月末、銀座で、ある女性を韓国人だと勘違いした男性が、「一家全員皆殺しにしてやる!死ね、ブサイク!」といった言葉を浴びせたという。女性が自分は日本人だと言っても、男性は暴言をやめず、殴りかかろうとさえした。

日本人男性の韓国に対する非理知的な反感が原因にすぎないが、外国人にとってみれば「新鮮」な出来事かもしれない。しかし事実として、反韓感情の高まりによって日本人と在日韓国人との間に衝突が起こり、社会に不吉な雰囲気が立ち込め、多くの日本人にとってはもはや珍しいものではなくなってしまっている。

現実には、韓国人を嫌悪する日本人や、極端なナショナリズムを持つ右翼勢力が頻繁にデモを行っている。韓国人が多く居住する東京の新大久保では毎月1回はデモが行われている。「在日韓国人の特権を許さない」と称する市民が、実質的には「韓国へ帰れ」、「韓国人はゴキブリ」といった旗を振って、日本に住む韓国人を排斥しようとしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

レコードチャイナの記事をもっと見る 2013年7月5日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。